アナウンサー

TBS齋藤慎太郎アナの大学は立教!16年続けたサッカーの腕前は?

齋藤慎太郎

齋藤慎太郎さんは2020年のTBS・新人アナウンサーとしてデビューされました。

新人アナウンサーの中でもイケメンとして話題になっている方なんです^^

女性ファンも増えていきそうですね!

齋藤慎太郎さんはどんな学生時代を過ごして入社することができたのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は齋藤慎太郎さんの学生時代についてご紹介していきます!

齋藤慎太郎アナは立教大学出身

齋藤慎太郎さんは立教大学・コミュニティ福祉学部・コミュニティ政策学科を卒業しています。

齋藤慎太郎

みのもんたさんや徳光和夫さんらが卒業生として知られていますね。

体育会サッカー部に所属して活動をしていました。

かけがえのない仲間たちに出会う事ができ、全力でサッカーを楽しんだとのこと。

本当に、入学してからたくさん大変なこともあったけど、そんな中でも、ここが自分の居場所だと思わせてくれたのが、立教大学サッカー部の仲間たちでした。150人以上の部員達と同じ目標に向かって、試合を戦ったり、応援したり。試合に勝って、そのあと仲間と軽い祝勝会をしたり。志木住みのメンバーと誰かの家に行って団欒したり。今まで自分のためだけにやってきたサッカーを、こういうチームメイトと共に戦いたい、仲間のために勝ちたいと思えているのは、16年間の中で、この立教大学サッカー部が初めてです。本当にみんなには感謝しているし、良い仲間に恵まれたと心から思っています。

Ameba 立教大学体育会サッカー部

サッカーに全力で取り組んでいた姿はかっこいいです!

当時彼女がいたかなども気になりますよね〜

大学時代にアナウンサーになる決意をされていますので、必死に勉強もしていたのではないでしょうか。

齋藤慎太郎の高校時代

齋藤慎太郎さんの高校時代はどんな生活を送っておられたのでしょうか。

齋藤慎太郎は横須賀学院高等学校出身

齋藤慎太郎さんは横須賀学院高等学校に通っていました。

地元が横須賀市ですので、実家から通っていたんでしょうね。

偏差値は53〜64で、普通科選抜コースと普通科一般コースがあります。

立教大学に進まれていますので、選抜コースだった可能性もありますね。

また、横須賀学院は小中高一貫教育を提供する学校としても知られていますので、小学校から通っていたということもあり得ます。

齋藤慎太郎が16年間続けたサッカーの腕前

横須賀学院高等学校は「須賀学」、「学院」と呼ばれており、男女共学の私立校で部活動が盛んな高校です。

ですが、齋藤慎太郎さんは部活に所属することなく、サッカーチーム・マリノスのユースチームに入団していました。

ポジションはDF。

齋藤慎太郎さん、なんと小学1年生から大学4年生までの16年間サッカー漬けの人生だったのです。

それだけ長く続けられて優秀なチームにいたのも実力があった証ですよね。

プロサッカー選手になるために必死に練習に励んでいました。

かなりの腕をお持ちだったのでしょう。

そんな彼でも公式戦に出場できたのは1回だけ。

U―23日本代表MF遠藤渓太選手ともチームメイトだったと話しています。

周りのレベルが高く、厳しい世界でプレーしていたことが分かりますね。

イケメンサッカー少年ですので、女子たちにもモテモテだったのではないでしょうか!

ぜひ、遠藤選手が出ている試合実況を実現してほしいです!

齋藤慎太郎アナのプロフィール

名前:齋藤慎太郎(さいとう しんたろう)

生年月日:1997年4月20日

出身地:神奈川県横須賀市

保有資格:日本漢字能力検定2級、ニュース時事能力検定準2級

好きな食べ物:寿司(サーモン)

好きなアーティスト:Mr.Children

趣味:サッカー、サーフィン、ウエイトトレーニング、アクション映画鑑賞

齋藤慎太郎アナに対するネットの声まとめ

齋藤慎太郎さん、男性からのコメントも多くかっこいいというよりも可愛いと捉える方が多かったです^^

https://twitter.com/ATRS_sr/status/1310325364552470529?s=20

これからTBSの看板アナになっていきそうですよね!

楽しみです^^

まとめ

今回はについてご紹介しました。


・齋藤慎太郎は立教大学出身でサッカー部に所属していた。

・齋藤慎太郎は横須賀高等学院に進み、高校時代はサッカーチーム・マリノスのユースチームに所属していた。

・齋藤慎太郎は可愛いと話題になっていた。

ということが分かりました。

16年間サッカーをしてきた中で仲間との友情や継続する大切など、たくさんのことを学んできたんでしょうね。

友達には真面目すぎると言われるようですので、今後のアナウンサー人生も地道に努力を続けていかれることかと思います。

活躍を期待しています!